成功者はバイク査定
ホーム > 育児 > 仲良しのお友達とはいえ、気になった話

仲良しのお友達とはいえ、気になった話

我が家では絵本サブスク利用しています。ワールドライブラリー 口コミ 長男の話です。 少し前にはなるのですが、

なんだか鬼ごっこがうまくいかない日々がありました。

「いつも鬼にされるし、タッチしてもみんな鬼を代わってくれない」としょんぼり。。 親としても悩ましい限りでした。

幼稚園終わりに、仲良しの子の4人で遊ぶことが多いのですが... 最初は、みんな仲良くなってくれて良かったなあと微笑ましく見ていました。

ところが、年長さんともなると、力関係が出てくるもんなんですかね。 息子は、ルールをしっかり守り、ズルいことはできないタイプ。 なので鬼ごっこでも、タッチされれば、鬼になります。 まあ、当たり前ですが。

ですが、ほかの3人はそうでもなくて...

4人中1人は、絶対鬼になりたくないので、タッチされると泣いて嫌がり、逃れる。 残り2人は、タッチされても、「されてない」言い張る、もしくは「バリアしてたからタッチしてもきかない!」と言い張る。

息子はといえば...泣かれると、仕方ないから鬼のまま。 「タッチされてない!」「バリアしてた!」と言われれば、違うと思っていても、諦める...

素直に言うことをきく息子、ある時から、 「お前が鬼な!」と言われ、なんと、じゃんけんもせず、最初から鬼にされるように! しかも、代わってもらえない...

でも、つまんないですよね。ずーっと鬼なんて。

親としても、見ていてとても気分が悪い。

でも親が口出すことじゃないしなぁと。

「嫌なら嫌って言えばいいよ!」と息子には言っているし、息子も「嫌だ」と言っています。 他のママたちは、おしゃべり中なので気づいてないのか、親の出る幕じゃないと思っているのか。

とにかく悩ましい限りでした。

その後、何を対策したわけではありませんが、なんとなーくその傾向がなくなり、 今ではみんなで仲良く遊んでいます! 男の子は単純だし、楽だなーと思っていましたが、 いろいろありますね...。 今後も何かあるかもしれませんが、親子で頑張っていこうと思います!